これで完璧!ボトムターンのコツ!

サーフィンの基本として波をテイクオフしてからまっすぐに降ります。それからどちらかに曲がることをしなければ波が崩れてしまってサーフィンのライディングは終了になります。右方向にいくのか、左方向にいくのかはその波の様子によって変わってきます。しかし、ターンをして波のトップに向かわなければいけません。その左右に方向を持っていく技術が「ボトムターン」と言います。このボトムと言う意味は波が崩れる直前の切り立った場所で株の事をボトムと言います。ちなみに上部はトップ、波の壁のところをフェイスと呼んだりします。
「ボトムターン」はサーフィンのすべてのアクションにつながる基本的なテクニックです。これを覚えなくて上達はなかなか厳しいと考えられます。

SUPサーフィン ボトムターン

【概要】ボトムターンのコツ

ボトムターンをマスターするにはポイントがあります。

「ボトムに降り、ボトムを知る事から始める」

これはどういうことかと言うと、波の原理を深く知ることにもなります。練習を重ねて深いボトムターンができるようになれば、パワーやスピード、縦の動きも加わっていきます。上達すれば波の原理がもっと知れるようになります。

全体的なコツとしては以下のようになります。

  • 余計な力は使わずメリハリをつける。
  • タメを上手く使うことで深いボトムターンになる。

概要的にはこのようになります。次項で詳しくみていきますので少しでも理解してイメージできたらと思います。

フロントサイドボトムターン

SUPサーフィン ボトムターン SUPサーフィン ボトムターン SUPサーフィン ボトムターン SUPサーフィン ボトムターン SUPサーフィン ボトムターン
  1. ボトムを目指して波を勢いよく滑り降ります。スピードには注意が必要で、全体の重心は後ろのまま、前よりの荷重をして加速していきます。

  2. 次はさらに腰を落として波側のレールにしっかりと体重を乗せます。そして、体を波側に思い切って倒しましょう。顔を行きたい波の方向をしっかりと見て、猫背にはならないようにします。

  3. 2の状態を保つとボードへ重たく体重がかかります。自分が行きたい波のトップを見つめてタメをつくります。

  4. 狙いを定めたら、縮めこんでいた膝を伸ばすと同時に後ろ足へと体重をかけてください。このとき、顔と目は進行方向を向いたままにしておきます。そうすれば、テールを中心にターンしていきます。

  5. ボードがトップへと進み始めたら体重をかけてレールを抜くような感覚で前よりの荷重でトップに向かいます。  

バックサイドボトムターン

SUPサーフィン ボトムターン SUPサーフィン ボトムターン

SUPサーフィン ボトムターン
SUPサーフィン ボトムターン

  1. フロントサイドボトムターンと一緒でまずは波を勢いよくボトムを目指して滑り出します。また、スピードに注意するために全身の重心は後ろで、前よりの荷重を増やすことも同じです。

  2. そして、腰をさらに落として、背中側のレールへと体重を乗せていきます。体を波の方向へ思い切り切手倒します。顔と肩は行きたい波の方向をしっかりと向くようにします。このときに、後ろ側の手でバランスをとるようにしてください。

  3. 2の動作が正しくできれば足腰からボードに体重がしっかりとかかってくるはずです。さらに、腰を波の方にひねって肩をしっかりと入れていきましょう。前川の手はお尻の後ろへと持っていく感じです。行きたい方向の波のトップをしっかりと見つめてタメをつくります。

  4. 狙いを定めたら縮めていた膝を伸ばすのと同時に後ろ足に体重をかけていきましょう。その時に後ろ側の手を進行方向へ先導するような感じで前へ肩ごと回していきます。顔と目は進行方向を向いたままで、テールを中心にターンし始めます。

  5. ボードがトップへ向かい出したら体重をかけていたレールを抜く漢字で、前よりの荷重で波のトップへと向かいます。お尻から後方へ回した前川の手は方と失署に前の方まで回してきましょう。後ろ側の手は腰と一緒に後ろの方に戻します。

腰痛もちの方に注意

ボトムターンは頭の先から足にかなりの重力がかかります。ロングボードなどでボトムターンをすると重力と浮力の間に体が置かれますのでかなりの負荷がかかるために注意をしてください。

まとめ

さて、ボトムターンについてはイメージできたでしょうか?少し細かい事を説明しましたが簡単に言うと「ボトムまできたらしゃがんで伸びる」と言うイメージになると思います。うまくタメをつくってできるようになってくださいね。