テイク・オフのコツ

サーフィンの基本でありながら、かなり奥が深いテクニックの1つが「テイクオフ」です。テイクオフ出来なければはじまりませんよね!

テイクオフはただ立てば良いわけではなく、テイクオフ1つでスピードの付き方、次のアクションの質が大きく変わってきます。

今回は、テイクオフのテクニックについて書いてみたいと思います。

波を見つけたら

周囲を確認し、衝突事故を回避しつつ、また前乗りにならないよう注意しながらパドリングを開始します。そして波の崩れ方、 波先の変化をイメージしつつ波のピークに合わせていきます。焦らず、リラックスするのがポイントです!

サーフィン テイクオフ

サーフボードが波に押される

後ろから来た波にサーフボードが押され、パドルを止めてもボードが走り出す状況になったら瞬間にボードに手をつく。

ボードに手をつくとき、ボードのレールを掴んではいけません。余計な力が掛かってしまい、テイクオフが遅れてしまいます。

立つときは目線を下げず前を向き、進行方向を見る。

サーフィン テイクオフ
サーフィン テイクオフ

サーフィンでビギナーレベルを卒業するにはテイクオフで次の2つをクリアしなければなりません。1つは、前方(行き先)をしっかり見ること。周辺視野ではなく、目のまん中で見るのです。そして2つ目は、顔を正面に向けて、完全に立ちあがるまでそれをキープすること。なぜこの2つが欠かせないかはサーフィンの本当の感動を味わうため、そしてバランス感覚を最高の状態にするためです。

ポイントはパドルしながら波にテールを押し上げてもらう感じです。

掘れてる波はテールがぐいっと上がったら一気に立ち、前足に体重をかけると一気にドロップダウンしてゆきます。

軸足からテイクオフする

腰を上げて後ろの軸足からテイクオフし、その後前足のをテイクオフします。軸足からセットすることで安定感が増し、前後の体重移動がボードに伝わることによって加速し易くなります。

サーフィンにおいて最も重要なのが後ろ足に加重をかける事です。これによって加速、ターン、ボードコントロールにメリハリが付きアクションがし易くなります。

サーフィン テイクオフ
サーフィン テイクオフ

ビビってないで突っ込め!トライ!トライ!

どんな、失敗してなんぼです!失敗しなければ上達はありません!失敗から学ぶのです!巻かれて巻かれて鼻から海水垂らしながらみんな一人前のサーファーに成長してゆくものです。倒れる時は前へ!これが合言葉です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b