SUPギアの選び方

SUPギアの正しい選び方

パドルボードの種類(形状)

スタンドアップパドルボード(SUP)は、大きく分けてクルージングや競技に使用するタイプのボードやサーフィンやクルージングなどのオールラウンドに使用できるタイプのボード、またサーフィンをする時にアグレッシブな動きができるように追求したハイパフォーマンスタイプのボードの3つに分かれます。一般的には、クルージングと波に乗れる兼用で使用できるオールラウンドなタイプのボードが主流です。私もそれを所有しています。

クルージング・レース用ボード

クルージング用は9.6フィートから12.6フィート前後のものが主流で、ノーズが尖っていて、極力水の抵抗を減らして早いスピードで進む様に設計されています。

レース用は、日本では12’6”以下のクラスが主流となっており、ボードも12.6フィートのボードが主流となっています。

ダウンウインドなどの競技では、更に長いボードを使用する人もいます。日本国内でも沢山のレースが開催され、西日本だけでも年間、かなりの大会が開催されています。

九州内だけでも年間8戦前後の大会があります。一般的なクルージング用のボードは、レースボードより幅が広くより安定していてパドルフィッシングなどにも適しています。

SUPクルージング・レース用ボード

 

 

ハイパフォーマンスボード

ハイパフォーマンスボードは特にサーフィン用に設計されており、ホローな波質でのボードコントロールが行いやすいようにノーズが、若干尖っているものが多いです。

サイズも比較的小さめのものが多く7フィート台のサイズも有ります。

フィンもトライフィンからクワッドフィンまであります。ハイパフォーマンスでは、比較的ホローな波質でもテイクオフを容易にし、深いボトムターン、クイックな動きや、リッピングに最適です。浮力が無いボードが多いため、自分の技量にあったボードを選ぶようにしましょう。上級者向き

SUPハイパフォーマンスボード

 

 

オールラウンドモデル

オールラウンドボードは横幅があり安定感が抜群です。

おもに、クルージング、パドルサーフィン、パドルフィッシングなどでも活躍します。また、オールラウンドモデル一本あれば何でも対応できるすぐれものです。

一般的に使用されることが多いモデルになりますので、用途がはっきりとしていない場合、最初の一本目を選ぶときはオールラウンドモデルを選ぶ事をオススメいたします。

私の住んでいる沖縄では殆どの人がこのタイプを所有しています。

SUPオールラウンドモデルボード

 

 

インフレータブルパドルボード

最近、特に人気があるのが、インフレータブルパドルボード。付属のポンプで空気を注入してボードの形状を形成するタイプのボードです。近年、改良が進み、より硬く軽量化されたボードが開発されています。折りたたむとバッグに入り小さくなることから、持ち運びも便利で保管スペースを取らない事もあり特に増えています。コンパクトなため、トリップに使う人も多く、最も注目されています。

ハードボードと比べると剛性は少し劣り、水面では多少しなります。

しかし、インフレータブルボードと言っても浮き輪のように柔らかいものではなく レジャーで使用するには十分な剛性があります。

また生地は耐久性の高いPVC素材でできているものが多く、多少ぶつけたくらいでは 破れたりすることはありません。

SUPインフレータブルパドルボード

 

 

フィンの形状

SUP シングルスタビライザー

シングルスタビライザーフィン
一本のフィンをベースとし、基本的に幅が広い板が多い。サイドフィンが無い為、無駄な抵抗が一切なく、直進性が非常に高く、スピードが出るのが特徴。

SUP トライフィン

トライフィン
シングルの直進性とツインの回転性を併せ持ち、ショートボードでは最も主流となっています。

 

パドルボードとロングボードの場合は、シングルスタビライザー、センターフィンが長く、サイドフィンが、小さくなった形状が最も多い。センターフィンは、ボックスフィン、サイドフィンは、FCSやフューチャーフィンが、セットアップされているものがほとんどです。よって、フィンを交換しグレードアップすることも容易にできます。

フィンがクラッシュした際も、代替品を探しやすい。

初級者から上級者、全てにマッチするとても優れたセッティングであり、まずはトライフィンを愛用するのが基本中の基本。

SUP クワッドフィン

クワッドフィン
クワッドフィンサーフボードとは、フィンが4枚付いているサーフボードのこと。通常の波でも全く問題のないパフォーマンスを見せるが、パワーがなく、トロ目の波やスモールコンディションでは、ボードの特徴がより際立ち、優れたパフォーマンスを見せてくれます。センターフィンが、無いため直進安定性に欠ける。回転性に優れます。より、回転性を重視する方にオススメのモデル。ワールドツアーでもトップ選手の使用も目立ち注目されている。最近では、センターにもボックスが付いた5フィン仕様のボードも発売されています。

 

トップライダーからはエアリアルの練習用となっており、多くのサーファーに愛されるセッティングの一つ。 初心者~中級者にも安心なセッティング♪動かしづらい板などはクワッドにしてみるのも大事!

テールの形状

ピンテール
レールが入れやすく、ホレた波で、スピード性を追求した大波用のガン・タイプのボードに多い。レール長が、長い事から、大きい波でも、安定したボトムターンが可能になります。ハイパフォーマンス系のロングボードにも、よく使われる形状。レールが、入れ易いため、深いボトムターン、クイックなカットバックが、容易になります。
SUP ピンテール
フィッシュテール
一般的には、スモールウェーブでの使用に、よく使われるデザイン。小さい波で波のパワーを受け易いようにテール幅を広くし、広いテール幅でも、よりボードをクイックに動かせるように考えられたデザイン。主に小さい波用のボードに使われるデザイン。一般的には、テールがカットされた形状になっているため、ボードの動きは良くなります。
SUP フィッシュテール
スカッシュテール
ショートボードで最も一般的な形状。テール側に浮力が、得られるため、浮力のないショートボードでは、最も良く使われている形状。長さが短くても浮力があり、パワーの無い波での加速性能にも優れる。波を受ける面積が大きくなるので、より早いテイクオフも可能となります。すばやいターンやドライブの効いた大きなラインを描いたりするのに有効的。
SUP スカッシュテール

パドルの選び方

パドルは、軽量かつフレックスする商品が発売され、年々、軽量化が進んでいます。ブレードの大きさもクルージング用と波乗り用とでは、異なります。また、シャフトやブレードがフレックスする商品もあり、乗り方のスタイル、体格によってもパドルの大きさが異なります。用途や体格にあった商品を選びましょう。

カーボンパドル
最も軽量かつ強度に優れるパドル。素材がカーボン素材のため最も高価なパドル。フルカーボンのものから、シャフトのみカーボンで出来ているモデル等、様々なパドルが発売されています。軽量のなので長時間パドルしても疲れにくい。シャフトのカーボン含有率が高い商品から、低い商品まで、販売されています。
用SUPカーボンパドル
グラスファイバー製
グラスファイバーを使用しコストパフォーマンスに優れるモデル。一般的にはアルミパドルより軽量にできている事が多い。カーボンやアルミパドルと比較するとフレックスするものが多い。
SUP用グラスファイバー製パドル
アルミ製
アルミニウムで出来ていて強度に優れ最も価格が低い反面、重量が重い。
SUP用アルミ製パドル
アジャスタパドル
シャフトの長さを調整可能でクルージングから波乗りまで、使う人の身長や用途に合わせ調整可能です。やや、重量が重くなります。一般的にはクルージングに使用されるものが多い。
SUP用アジャスタパドル

パドルの長さについて

1ピースパドルは、身長に合わせてシャフトをカットして使用します。サーフィン仕様、クルージング仕様によって長さは異なります。波乗りの場合、身長プラス0~15cmクルージングの場合15~25cmが一般的な長さです。用途、ボードのサイズによっても変わります。身長プラス20センチ程度の長さが理想とされています。

ブレードの形状について

ブレードの形状は各メーカーによって異なります。各メーカー、クルージング用、サーフィン用と形状を変えて発売されています。一般的にクルージング用は、縦に長い形状が多く、サーフィン用は波に乗る時や波を越える時にパワーを必用とすることから、幅も広く面積も大きめになっているものが多く見受けられます。また、波に当てて、ボトムターンやカットバックを行なうため、サーフィン用のブレードは角がとれ、やや丸い形状しているものが一般的です。

ブレードの大きさについて

ブレードの大きさは、使用する人の体格や使用する用途によって異なります。参考までに下記に記載しました。

クルージング用
より早くクルージングしたい場合は、大きめのブレードが有効ですが、長時間クルージングする場合、大きめのブレードを使用すると早く疲れてまうというデメリットも発生します。また、長時間のクルージングの場合、大きめのブレードを使用すると肘や肩を痛めてしまうこともあり、できれば、小さめのブレードで回数を漕ぐことをオススメします。

 

 

※形状はメーカーにより多少異なります。

SUPクルージング用ブレード
サーフィン用
波乗りの場合、テイクオフを素早くするためには、やや大きめのブレードの方がより早く加速できるため有利となります。また、ゲティングアウトの際、サイズのある波(スープ)を越える際にも、やや大きめのブレードの方が、より簡単に波が越えれます。反面、パワーを必用とするため、疲れやすくなります。大き目のブレードの場合、漕ぎ出した際にボードが斜めに向きやすくなります。
※形状はメーカーにより多少異なります。
SUPサーフィン用ブレード

シャフトの硬さについて

シャフトが硬いものから、フレックスするシャフトや、ブレードがフレックスするものまで、様々です。体格により異なりますが、体格が小さい方は、より柔らかめのシャフトが使い易いと思います。硬いシャフトは、力をダイレクトに伝えやすいのですが、反面、力を必要とし疲れがでやすいです。柔らかめのシャフトの方が、体に負担が少なくなります。

スタンドアップパドルボードに必要な物

スタンドアップパドルボードに必要な道具はボード、リーシュコード、パドル、水着さえあればいつでも海に入れます。また、安全面を考慮してライフジャケットなどを身に付けておくと良いでしょう。あとは、時期によってウェットスーツや防寒用のグローブ、ブーツなど有ると便利です。

ストレートリーシュ
一般的なパドルボードでサーフィンする際に使用するリーシュコード、サーフィン用の細めのリーシュは、ボードが跳ね返る危険性があるため使用しない方が賢明です。基本的には、パドルボード用のリーシュを使用してください。
SUP用ストレートリーシュ
コイルリーシュ
主にクルージング用に使用するリーシュ。クルージングの際にリーシュが水に落ちないようにできており抵抗になりません。最近は、波乗り用のコイルリーシュも発売されています。
SUP用コイルリーシュ
ニー(膝下用)
サーフィン(ロングボード)では、ウォーキングをした際に、膝下にリーシュのカフがあると、リーシュを踏みにくいため、使用する事が多い。パドルボードの場合はボードが大きいため、ウェットスーツの摩擦が大きく、消耗が激しくなります。
SUP用ニー(膝下用)リーシュ
アンクル(足首用)
リーシュを足首に取り付けるリーシュコード。リーシュを足首につけるため抜けにくく、しっかり固定できる。個人的にはスタンドアップパドルでは、ワイプアウトした際のボードの引っ張られ方が大きいため、アンクル(足首用)の方がいいと思います。
SUP用アンクル(足首用)リーシュ

その他

ツーリングやフィッシングをして楽しむ場合は、釣竿、ルアー、釣竿を掛けるハーネス、紫外線防止にハットなどあると良いでしょう。海でトラブル無くサーフィンを楽しむ場合は、サーフィンルールやマナーを知っておきましょう。パドルボードは、ボードサイズが大きく、ボードをコントロールするには、技量が必要です。混雑しているポイントはなるべく避けましょう。

また、海には常にキケンが付きまといます。天候が悪い場合には無理をせず撤収する勇気を持ちましょう。そして絶対に一人では絶対に行かないこと。

安全に気を付けながらSUPを楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b