理想的なSUPの漕ぎ方

肩幅よりもやや広めに

理想的なSUPの漕ぎ方の写真

ボードの上に立って漕ぐ時は、パドルを肩幅よりも少し広めに持つようにします。

それを確認するためにも、最初はパドルを横にして持ってみると良いと思います。

肩幅よりも少し広めに持つことによって、漕ぐ時の力がパドルに伝わりやすくなり、漕ぐスピードはアップします。持ち幅を広くしてしまうと、漕いだ時に猫背になり、スピードが遅くなるばかりか、腰に負担がかかってしまう。狭すぎると肩や二の腕への負担が大きくなり、疲れやすくなってしまう。

視線と猫背に注意

理想的なSUPの漕ぎ方の写真

次に、漕ぐ時の全体的な姿勢について。

その時のポイントは、視線を真っ直ぐに向けて、背筋をきちんと伸ばすということ。

その上で膝を少し曲げるようにする。こうすると体重がボードにきちんと伝わり、ボードが安定しやすくなる。

こうなると少しくらいボードが波によって揺らされても簡単に海へ落ちることがなくなるはず。

また、背筋を伸ばして視線を真っ直ぐ前に向けることの利点はもう一つあります。

視線を上げることによって周りが見えるようになり、危険を回避しやすくなったり、波がタイミングを合わせやすくなったりできます。

手首を捻って抜く

理想的なSUPの漕ぎ方の写真 理想的なSUPの漕ぎ方の写真

今度は実際に漕いだ時の動きに注目。

パドルを前方の水中に入れ。下の手の位置が支点になる用意して漕ぎ、ボードを前進させるわけだが、当然、一回漕ぎ終わったら再びパドルを前方に持ってきて、2回目、3回目と漕いで推進力をキープし続けなければならない。

その時にポイントとなるのは、パドルの抜き方で、パドルを手前まで引き寄せてきたら、抜くときに手首をひねるようにすること。

右手が上になっている状態のときは右側へ、左手が上になっているときは左にひねることで、パドルが外側へ向き、抵抗なくスムーズに抜くことが可能になります。

そうなると余計な力を使わなくて済むので疲れにくくなり、更には漕ぐときにリズムが生まれます。